Q&A

台東区、墨田区の不動産売却についてこの様なご相談はございませんか?

下記のQ&Aが台東区墨田区で不動産売却をお考えの皆様のお役に立てれば 幸いです。

台東区墨田区で不動産売却をお考えの方から良くいただくお問い合わせ内容を掲載させていただきます。 不動産売却の動機は、お住み替え、ご相続(遺贈)、債務整理、任意売却、離婚等、それぞれ売主様によっ て様々で台東区墨田区で不動産を売却される方においては事業の廃業や店舗の閉店が理由で不動産を売 却される方の割合も多い状況です。また、住宅用地・中古戸建・マンションの居住用不動産から商業地・ア パート・一棟マンション・中古ビル等の事業用不動産と台東区墨田区で取り扱う売却不動産 の物件種別 は千 差万別で、台東区墨田区の不動産売却 で は高度な不動産売買の知識と地域に根付いた経験値によるサ ポートが必要不可欠です。 下記の Q A が台東区墨田区で不動産売却をお考えの皆様のお役に立てれば 幸いです。

よくある質問

  • 台東区墨田区で不動産を売却するタイミングは?

    台東区墨田区は幅広い世代の不動産購入が常に一定数見込めるため全体的に不動産売却しにくい時期は無いと思われます。それだけ台東区墨田区は住みやすい街・利便性の高い街として発展を続けており注目を集めております。ただし、商業地や中古ビル等の事業用物件について特に土地の価格は金融情勢・景気動向の影響を受けることがありますので、その都度、商業地の価格変動を不動産会社に確認しておくことをお勧めいたします。

  • 不動産の調査って何をするの?

    法務局で不動産登記に関することや役所で都市計画法・建築基準法等の法令制限について調査を行います。また、現地実踏が可能であれば、関係各所に保管されている資料も含め現存する資料と現地を照合し不動産売却への影響がないかも確認します。

  • 不動産の査定を申し込むときに何を伝えればいいの?

    査定を申込みたい不動産について住所もしくは地番および建物があればその家屋番号等の対象不動産を特定できる情報を教えてください。固定資産税都市計画税納税通知書がお手元にあればその確認は早いと思います。また、不動産に関する資料が保存されていれば査定価格算出の参考になることがありますので査定前に提示いただけますと助かります。なお、不動産所有者本人以外のご依頼の場合はその本人へ査定を行う旨をお伝えする場合がありますので予めご了承ください。

  • 1種単価って何?

    商業地等で容積率が大きい地域の土地価格を算出するときに容積率100%あたりの土地単価の単位として登場します。その昔、容積率100%を1種、容積率200%を2種と言っていたので、その時代の言い回しが現代にも残っているようですね。商業地ではその土地でどれだけ収益を上げられるかが土地価格に反映されることが多いので、台東区墨田区の不動産売却において商業地を所有されていればハウスドゥ浅草駅前の不動産無料査定サービスをご利用ください。

  • 土地権利が借地権なんだけど売却できますか?

    土地権利が賃借権や地上権の場合でも売却できます。ただし、土地権利が賃借権の場合は、その賃借権の譲渡について土地所有者から承諾を得なければいけません。また、この譲渡承諾の際に、土地所有者へ譲渡承諾料をお支払いする場合がほとんどです。不動産会社がこの譲渡承諾に関する内容を売買契約締結の前には土地所有者へ確認を行いますのでご安心ください。

  • 不動産売却時に諸費用はいくらくらいかかるの?

    売買価格よって算出される諸費用が変わってくるため金額での回答はできませんが、以下ような諸費用が発生する場合があります。また、買主様との売買条件交渉の結果負担する諸費用やその不動産売買ならではの諸費用もありますので、その都度不動産会社へ確認をしてください。また、その不動産売却によって売却益が出れば譲渡所得税等を納税しなければならない場合もありますので、詳しくは税理士等にご確認ください。


    〇売買契約書印紙代 〇仲介手数料 〇抵当権抹消等の登記費用 〇測量費用 〇土壌汚染調査費用
    〇古家解体費用 〇賃借人立退き費用 〇土地賃借権譲渡承諾料 等

  • 相続で取得する不動産はどのタイミングで売り出せるのかな?

    相続登記が未了の場合のお話をさせていただきます。売却依頼者(=相続人)が法定相続分にて遺産(売却したい不動産)を取得される場合は戸籍謄本等により相続人と売却依頼者が同一であることを確認のうえ売却活動をスタートできますが、できれば相続人全員が記名押印済みの遺産分割協議書にて相続人と売却依頼者が同一であることの確認ができればベストです。

  • 相続で取得した実家に荷物が大量に残っているけど売却できるのかな?

    残置されている物の種別にもよりますが、予め買主様に残置物処分を買主様の負担で行っていただけないか交渉しておけば現況のまま売却も可能です。また、売主様で残置物を撤去いただく場合には、ハウスドゥ浅草駅前の関連業者にて残置物処分を対応させていただきますので、お見積りだけでもお気軽にお申し付けください。

  • 売却不動産取得時に借りたローンの返済が残っているけど売却できるの?

    売却可能です。売却代金受領時に借入残高を返済(抵当権等を抹消)できるようにスケジュールを組めば売却可能で、抵当権の抹消登記と買主様への所有権移転登記を同時に行うことが一般的です。なお、ローンの返済が滞っている場合は、債権者(金融機関等)とも話し合いを進めながら売却活動を行うことになり、債権者(金融機関等)の意向によっては売却できない場合がありますので注意が必要です。税金の滞納で差押登記が設定されている場合も同様です。

  • 共有者が遠隔地にいたり、共有者の人数が多い場合の売却はどうしたらいいの?

    共有者が遠隔地にいる場合は不動産会社担当者が出張面談か電話等で本人確認、売却意思確認を行い契約書類等への記名押印を持ち回りで行います。ただし、共有者の人数が多い場合等で1人の共有者に売却活動を委任する場合は、実印で押印された委任状をもって、媒介契約書や売買契約書への記名押印を、委任された共有者に任せることは可能です。なお、共有者が海外居住者である場合は、手続きが困難な場合がありますのでその都度不動産会社へご確認ください。

売主様の売却動機や売却事情および売却される不動産の個別要因によりご説明する項目や内容が変わってきます。また、不動産売買に関連する税務・法律・登記・境界等の内容については、台東区・墨田区不動産売却センターのネットワークがございますのでご活用ください。